ナユタウォッシュローション

ナユタウォッシュローション

NAYUTA Face Wash lotionナユタフェイスウォッシュローション

ナユタフェイスウォッシュローション

 

「ナユタフェイスウォッシュローション」は
 乾燥肌に悩まされ続けた開発者が
自分と家族のためにつくった万能美容液です。

大海原の海藻の栄養分をたっぷり含んだフコイダン(F)が、
お肌を保水しながら保護し、

1億年前の大地が育んだフルボ酸(F)が、
お肌に失われている栄養素を補い届け、

ブルガリア産のダマスクローズ(ローズはちみつ/R)
お肌を柔らかくします!

 

        

POINT 1 驚きの使用感

 

「うわっ、何これ!?」

「フェイスウォッシュローション」を初めて使った方が、ヌメッとヌルヌルした纏わりつくような触感に思わず口にしてしまう言葉です。

しかし、2~3分くらいでそのヌメッと感はなくなり、付けたことすら忘れるくらいに肌に馴染んでいきます。

そして洗い流すと指先に伝わるヌメッと感。お肌を皮脂膜のようにしっかり保護しているのを感じ取れます。

 

 

 

POINT 2 日焼け止めが乾燥肌の原因

 

皮膚(表皮)は本来、角質層や基底層などから形成される厚さたった0.2mmの構造物です。

表皮の最下層にあたる基底層ではメラニン色素が生成されており、表皮で浴びた紫外線から体を守るために肌全体を黒く染めます。肌のターンオーバーが正常に機能していれば、シミの原因となるメラニン色素も垢となって消えていきますが、正常に機能しないとシミに変化してしまいます。

そこには表皮内の「保水量」が関係しているようです。

正常な表皮ならば、皮脂膜というバリアが表皮を守っています。しかし何らかの理由で皮脂膜が破戒されると表皮がむき出しになり水分が放出、肌は砂漠化します。

これが「乾燥肌」のメカニズムです。

日焼け止めは「日焼けだけを予防」するものなので、表皮を守ってはくれません。むしろ使用することで皮脂膜を破壊し、肌のターンオーバーを阻害してしまいます。

表皮を守るためには 保水量を維持させることが大切です。夏の紫外線対策を間違えると、冬に「乾燥肌」というとんでもないしっぺ返しが待ち受けています。

「フェイスウォッシュローション」は、 洗うほどに保水量がUP。保水量が上がることで 自然の紫外線対策になり、さらには乾燥肌予防にもつながります。

 

ターンオーバー&バリア機能

 

 

 

POINT 3 泡も乾燥の原因

 

不規則なターンオーバーを引き起こす要因としてもうひとつ注目したいのが「泡」です。

 

普段の生活を送る中で、洗浄成分に多く含まれている「泡」成分が地肌に残留すると肌荒れの原因になるのですが、キレイに洗い流したつもりでも肌上には泡が付着しているものです。
これが肌荒れの原因になり、ゆくゆくは乾燥肌を引き起こします。

 

「フェイスウォッシュローション」は、泡洗顔で残留した泡成分を根こそぎキレート。泡成分をキレイに落とすだけではなく保水効果も高まるため、洗うだけでハリのあるモチモチ肌を実現します。

 

さらに保水量の高まったお肌はワントーン明るく透明感のあるツヤ肌に。
お風呂上がり、誰しも一時的に保湿された自分の体を見てワントーン明るく透明感が高まったことを体感した経験があると思いますが、その体感を日中でも持続させられるのが「フェイスウォッシュローション」です。

 

POINT 4 こだわり3成分

 

その①「フルボ酸」
1億年前の太古の昔より生成されたオーガニック素材で、70種類以上の栄養素(ミネラル)を含有。肌土壌のバランスを整え、肌を健康的に育てます。

その②「フコイダン」
海洋のミネラルをたっぷり含む天然の保湿剤。その保水力はヒアルロン酸の約3倍で、乾燥や刺激から皮膚を守り、地肌の保水量を高めます。

その③「ローズ発酵ハチミツ(ダマスクローズ)」
ダマスクローズから僅かにしか採取できないハチミツがで、お肌を柔らかくし、細胞の隅々まで潤わせます。

             

 

フコイダンとヒアルロン酸

 

 

 

 

 

 

こんな悩みの方におすすめ

【使用方法】
「ローション」だけで洗顔 「ローション」と「クレンジング」のダブル使い
<STEP1>洗う
フェイスウォッシュローションを顔全体につけ、少しおいてから洗い流します

<STEP2>整える
フェイスウォッシュローションを化粧水&美容液としてお肌に馴染ませます


そのまま通勤、通学、お出かけへ
<STEP1>メイク落とし ※メイクをされている方のみ
F2Rモイストクレンジングジェルでメイクを落とします

<STEP2>洗う
フェイスウォッシュローションを顔全体につけ、少しおいてから洗い流します

<STEP3>整える
フェイスウォッシュローションを化粧水&美容液としてお肌に馴染ませます


そのまま就寝へ
【使用量の目安】1本で全身なら1か月、顔だけなら2か月半くらいです。


【ローションで整える時のポイント】
ローション使用後、肌が突っ張る感じがしたら、◎部分を中心に指先でポンポンと優しくおさえてください。手のひらで◎部分を中心にリンパの流れを意識して浸透させることで、時間がたつとさらに肌が柔らかくモチモチになります。

 

フルボ酸の毒出し(デトックス)機能
 ~毒を溜め込まない地肌づくり~

地肌におけるフルボ酸の役割ってなぁに?

 

フルボ酸は既に私たちの体内に多かれ少なかれ存在する有機酸であり、
地球創成期から存在する天然(オーガニック)素材です。
フルボ酸の主な役割は、『キレート作用』というミネラル等を掴む能力で、
地肌においてはフルボ酸が掴んだミネラル等の栄養素を地肌を通して体内に吸収させ、
地肌の栄養分を補います。

 

 ミネラルを補う素材は他のスキンケア商品でも良く見かけますが、
このフルボ酸によるキレート作用は、他の素材では到底なし得ない能力を発揮します。
それはミネラルのバランスを保つ能力です。

 

 他のミネラル補給のスキンケア商品ではミネラルを補給するだけなので、
過剰で不要になったミネラルはそのまま地肌に残留してしまいます。
これが汚れやpH上昇の原因となり、地肌を傷め、炎症を引き起こす原因になっています。
しかしフルボ酸は、過剰で不要になった汚れや毒素を地肌上で掴むため、
自然に地肌の毒出し(デトックス)を行います。

 

 その上、フルボ酸のキレート作用は栄養分を取り入れるだけではなく、
地肌のミネラルバランスを安定させ、
地肌のpHバランス(弱酸性)を一定に保つ機能を備えています。

 

 肌上には多くの常在菌が存在しており、大きく分けて3種類あります。
ひとつは肌の健康を保とうとする善玉菌、もう一つは肌を攻撃する悪玉菌、
そして日々態度を変える日和見菌です。
この3つの常在菌が地肌の上で日々勢力争いを繰り返しているのですが、
当然健康状態や食生活、加齢とともに悪玉菌勢力が増加するのが現実です。
ここで地肌ケアとしてミネラル入り商品を使う方がいらっしゃいますが、
肌表面に蓄積されてしまうため返って肌を荒らしてしまい、
その荒れ肌をケアするため、
さらに使用し続けることで悪循環に陥っていくことが多いようです。

 

 その点フルボ酸がキレートした植物性のミネラルは、
基底層にまで浸透すると同時に地肌の栄養分になり健康的なサイクルのターンオーバーを促します。
また地肌のミネラルバランスを一定に保つことで、
常在菌のエサとなるミネラルを安定させ、常在菌の勢力バランスを維持させます。
 この際、過剰で不要になったミネラル(毒素)を常在菌が捕食。
ここでも地肌の毒出し(デトックス)を行うと共に、
弱酸性で安定したpHを維持することで肌のストレスも緩和。
ストレスレスの肌土壌を作り上げ、地肌の育成を良好に保ちます。

 

 つまり必要ミネラルを地肌内に吸収させる同時に、常在菌とpHを安定させ、
毒素を排出するデトックス効果も併せ持つ唯一のオーガニック素材がフルボ酸であり、
毒素を溜め込まない地肌づくりを目指せます。
 また、あくまで自然素材のため、体内細胞を刺激することもなく、
柔肌の赤ちゃんでも、敏感肌の方でも安心して使える素材です。

 

 

 

 

 

【全成分】
水、グリセリン、ダマスクバラ花水、ペンチレングリコール、ノイバラ果実エキス、アーチチョーク葉エキス、フルボ酸、クラドシホンノバエカレドニアエ多糖体、クラドシホンノバエカレドニアエエキス、シアノコバラミン、海水、クエン酸、BG、ポリアクリル酸Na、グルコノバクター/ハチミツ発酵液、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、ヨーグルト液(牛乳)、フェノキシエタノール、サンザシエキス、ナツメ果実エキス、グレープフルーツ果実エキス、リンゴ果実エキス、オレンジ果汁、レモン果汁、ライム果汁


 

  • 2017.07.05
  • 10:52

Instagram

  • 飛田和陽子フェイスブックfollow me
  • 飛田和陽子インスタグラムfollow me
  • ページトップへ